2015年03月05日

寿[kotobuki] 30周年記念ニューアルバム『もう愛しかない』

先日の「30周年記念スペシャルコンサート」の日に発売した、寿[kotobuki]のニューアルバム『もう愛しかない』が、ネットで購入できるようになりました〜。
action.php.jpg
以下から購入できます。
http://kotobuki-nn.com/sale.php
「寿[kotobuki]30th Anniversary もう愛しかない」がニューアルバムです。

収録曲は、
1.もう愛しかない
2.かけがえのない日々
3.安里屋ユンタ
4.我ったーネット
5.もう愛しかない〜愛溢るるバージョン〜
BONUS TRACK
6.ここでうたうよ

レコーディング・スペシャル・メンバーは、
◆渡辺亮(Per)
◆横瀬卓哉(Per)
◆ジゲン(bass)
◆宮原panda裕子(cho)
◆HAL(cho)
◆AFRO(cho)
◆渡部泰介(piano)
◆大熊ワタル(sax・cl)
◆北陽一郎(tp)
◆渡辺明子(tb)
◆こぐれみわぞう(ching-dong)

ライヴDVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』とは、また違う、スタジオ・レコーディングの音で楽しめます。

個人的には、「ここでうたうよ」は、あまりライヴで聞いたことがない曲です。
「もう愛しかない」が2つのバージョンで入っているのも、得した気分?
 
posted by あつこば at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

2015年 宜しくお願いいたします。

奇跡の詩チラシ3.jpgさて 今年は 寿[kotobuki]30周年の一年。




今年も色々と 宜しくお願いいたします。




寿[kotobuki]30th ナーグシクヨシミツ
posted by ナーグシクヨシミツ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年 ありがとうございました!

奇跡の詩チラシ3.jpg2014年 ありがとうございました。

おかげさまでDVD「奇跡の詩」じわじわと売れ続けております、来年の夏は寿町フリーコンサート長い歴史の涙のファイナル!


寿[kotobuki]出演出来るかは、まだまだ春頃にならなければ、わかりませんが、出演できたら寿町ファイナルにして、祝!20年目の出演だ!


来年も宜しくお願いいたします。

そして!そして、2015年は寿[kotobuki]30周年イヤー!


色々と!!
なにとぞ宜しくお願いいたします。


寿[kotobuki]
ナーグシクヨシミツ
posted by ナーグシクヨシミツ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

久しぶりでございます

大忙しのアツシさんに投稿丸投げでごめんなさいよぉ〜
最近、私、友人のお店をお手伝いしておりまして、その仕事がなかなか忙しいですよ〜
久しぶりにうたや踊り以外の事で1日の膨大な時間が費やされる体験をしております。

先日”東京琉球館”で帰国して初めてのソロのバリ舞踊ライブをさせて頂きました。
私がバリ舞踊を始めたのが20代の前半で5年くらいやって、その後しばらく全く踊らず、また35歳くらいから復活したので何だカンだで20年近く踊っているのですが、本当に真剣にやり始めたのは2007年くらいからです。
真剣にやり始めて、一番知りたかった事はバリ人のいう「気持ちのいい動き」というものです。
気持ちのいい動きを自分の身体で体得したい。
そして、もうひとつ知りたかった事は、身体と音の関係についてでした。
どんな風にあの音楽を感じているからあんな風に踊れるのか?
自分の身体がどう音楽を感じたらあの動きになるのか?その事に興味津々でした。

この数年、ずっとその事に取り組んで来て、先日の琉球館での踊りで初めて「あっ、これ?!」と思う経験をしました。
今迄、感じていた音楽とは全然違う音楽のように感じて踊りました。
前奏が始まってステージに立った瞬間、「あれ?」と思いました。
今迄は自分の足下から音が吸い上がって来るような感じがしていたのですが、その時はふわっと、とても柔らかく私の全身を包んでくれているような感じがして、いつもとの余りの違いに一瞬びっくりしました。
「よし、これに着いて行ってみよう」
そう思って踊ったら、最後まで身体が軽くて、でも自分のパワーが空間いっぱいに広がっている事を感じ、ものすごい気持ちの良さと至福に包まれて踊りました。
言葉では説明は出来ないけれど、自分が「ここはいつか答えが解る日のために空っぽにしておこう」と思って用意しておいた空間に光が射して来たような感じでした。

今迄だって、公演で踊る度に発見もあったしその度に喜びがあったのですが、それら全てが今に繋がってるんだなとしみじみ感じ、色々あったけど踊り続けて良かったなぁ〜と本当に思いました。

寿[kotobuki]は、28年続けて来て、その数年の大部分を私とニーニーとの二人編成でやってて、そりゃーそうそう新しい事を作りだす事は難しいけれど、こうして私もニーニーも少しずつ内面は変化し続けているので、それが素直に音楽に反映されてNewではないけれど『フレッシュである』バンドであり続けたいなと思います。

今後の寿[kotobuki]に乞うご期待!!

DSC_1370.JPG


posted by ナビィ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

寿[kotobuki]とは(BIOGRAPHY/活動歴)

スタッフの小林直樹です。今日は僕も書き込みます。
今回のDVD「奇跡の詩」は、寿[kotobuki]の音楽が好きな人にとって待望の映像記録作品だと思います。
そしてまた、この作品と通して新たに多くの方々に寿[kotobuki]の音楽に出逢ってもらえたらと思っています。

 ◇

寿[kotobuki]とは――、広島出身の女性シンガーナビィと、沖縄出身のギター・三線の宮城善光(ナーグシク・ヨシミツ)の音楽ユニットです。
琉球弧の民謡とオリジナルソングを国内外で歌い奏で続けています。今年で結成28年になります。
ナビィさんはバリ舞踊のダンサーとしても活動しています。ヨシミツさんはソロでもCD制作とライヴ活動を行っています。
現在の寿[kotobuki]はアコーステック編成で演奏することがほとんどですが、もともとは沖縄の民謡を取り入れたエレクトリック・エスニックサウンドのロックバンドです。
そして今でも寿町フリーコンサートでは、結成当時に近いバンドスタイルで演奏を続けています。
今日は寿[kotobuki]の結成以来の活動歴を、少しまとめてみました。

 ◇

------------------------
寿[kotobuki]:BIOGRAPHY
--------
1965年 ナーグシクヨシミツ、沖縄県那覇市に生まれる。
1967年 ナビィ、広島県安芸郡熊野町に生まれる。
1977年 ヨシミツ、中学一年時に大阪へ引っ越し。
1985年 ヨシミツ、東京で寿[kotobuki]を結成。ナビィ、サックスで加入。
1988年 ナビィ、ボーカルになる。都内ライヴハウスで活動。
1989年 TBS「イカすバンド天国」に出演。
--------
1990年 沖縄知念村「二ライカナイ祭り」出演。
    沖縄と東京で喜納昌吉&チャンプルーズのオープニングアクト・ライヴ。
1991年 ソ連邦、当時共産圏でのロックフェス「エストニア・ロックサマー'91」に出演。
ナビィ、バリ舞踊をはじめる。
1992年 1stアルバム「いのちのうた」原盤制作。
1994年 シングルCD「奇跡の詩」発売。
1995年 横浜「寿町フリーコンサート」初出演。以後毎年出演。(2006年をのぞく)
    東京・上野水上音楽堂「命どぅ宝コンサート」初出演。
1996年 東京・湯島聖堂で寿[kotobuki]ワンマンライヴ(連続3回)
1997年 ライヴ盤「月の空 水の大地」発売。
1998年 ビクターから「継いでゆくもの」発売
1999年 ピースボート初乗船(中国〜ベトナム〜シンガポール)
    渋谷クワトロで「旧正月ライヴ」
    沖縄「第1回満月まつり」出演。
2000年 ビクターから「A−YO」発売。
--------
2001年 東京・新大久保で初の「旧正月コンサート」開催。以後、毎年開催。
2004年 ピースボート乗船。ヨルダン・パレスチナ難民キャンプで演奏。
2005年 アルバム「寿[kotobuki]魂」発売。発売記念&旧正月&20周年コンサート。
2006年 ピースボート乗船。インド・コーチンで「ヒロシマ・ナガサキ・メモリアル・ピースコンサート」出演。
    ヒストリーブック「寿[kotobuki]魂」発売。
2007年 ナーグシクヨシミツ、1stソロCD「独立・琉球 NIPPON 亜米利加」発売。
2010年 25周年記念アルバム「kotobui2010」発売。初期のエレクトリックサウンド復活。
    韓国・仁川「ピースコンサート」出演。
2011年 初のライヴDVD発売。韓国〜東京〜横浜〜沖縄…と続く旅と歌の記録。
2013年 ナビィ、バリ舞踊の修行で半年間バリ島に滞在。
    ライヴDVD「奇跡の詩 寿[kotbuki]@寿町フリーコンサート」発売
-------------------------
(参考資料:ヒストリーブック「寿[kotobuki]魂」著:國貞陽一)

写真.JPG
画像は、ヒストリーブックの第1章「発火点/エストニア・ロック・サマー」より。
posted by 小林直樹 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

ヒストリーブック『寿[kotobuki]魂』

本日は、寿町フリーコンサートおよび寿夏祭りの準備日です。
フリーコンサートのステージの建て込みが行われます。

DVD『奇跡の詩』は、いよいよ明日(12日)発売です。
それとともに、もうひとつ、ぜひ読んでいただきたい本を紹介します。
ヒストリーブック『寿[kotobuki]魂』
國貞陽一さんが書いたヒストリーブック『寿[kotobuki]魂』です。
寿[kotobuki]の二人へのインタビューはもちろん、寿[kotobuki]の誕生から、疾風怒涛の「イカ天」時代、そのほか寿[kotobuki]が行ってきたさまざまな取り組みを詳細に取材して一冊の本にしたものです。

全8章のうちひとつの章を、まるごと寿町と寿町フリーコンサートに割いていて、これを読むと寿[kotobuki]と寿町フリーコンサートのことがよくわかります。

DVD『奇跡の詩』と合わせて、ぜひ、明日の会場で手に取ってみてください!
 
■追記:ネットでは以下で購入できます。
http://kotobuki-nn.com/sale.php
 
posted by あつこば at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

寿[kotobuki]とは?

小林アツシ(あつこば)です。
DVD『奇跡の詩』は、ミュージシャン、寿[kotobuki]の新作ライヴDVDとして発売されます。

ここで寿[kotobuki]について、DVD『奇跡の詩』のディレクター(監督)をさせていただいた私から説明をさせていただきます。
(「お前に説明されなくても知ってるよ」という方は多いと思いますが……)
寿[kotobuki]
寿[kotobuki]は、ボーカルのナビィと、ギター・三線のナーグシクヨシミツの男女二人組です。寿町フリーコンサートに出演する時などは、一緒に演奏するメンバーが増えて大人数になる時もあります。今年の寿町フリーコンサートは、ヨシミツさんが書いているように、ベースのJIGENとドラムスの横瀬卓哉を加えた4人になるそうです。
 
posted by あつこば at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿[kotobuki]について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。