2013年09月20日

ジンタらムータ

今日は(もう昨日ですが)寿[kotobuki]の寿町のライブにも出演して頂いた大熊さん&小暮みわぞうさんのバンド(?)ジンタらムータのライブが我が家のご近所”Mandala=2"であったのでミーツーニーニーのソロライブをぶっち切って行って来ました。
残念ながら、ワタクシのスマホではあの薄暗いライブハウスでははっちゃける亡霊のような写真しか撮れませんでしたので、写真は無しです。

いやはや、かっこ良かったですわ。
本日はドイツ語や英語で歌いまくりのみわぞうさんがフューチャリングされておりましたが、なんだか映画を観ているような感じで素敵でした。


寿町のライブでは「ホーンセクションは甲子園の応援ブラバンみたいなアレンジでお願いします」という私の無茶な要求もすんなり叶えて下さったアレンジャーの大熊さん。
そんな趣向の音楽人じゃ〜ねぇだろうぅううと今日も改めて思い密かに赤面しました。
DVDでは『アリラン』の途中の『Born to be wild』のホーンセクションが格好良過ぎ!!
メラメラと燃えます。
まるで、スペクトラムです!って今時のワカもん、誰も知らないよね、、、、
一聴の価値ありです、だまされたと思って寿[kotobuki]のサイトの口座に2千円振り込んでみてください。
ヨロスク!!

ナビィ

posted by ナビィ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

奇跡とは?!

一昨日は五反田「結いまーる」でのライブでした。
お越し下さった方、DVDをお買い上げ下さった方、有り難うございました〜

ライブの後、購入して下さったお客さんがお店の大画面のテレビで早速上映会。
悦子ママは昔、仕事で横浜市内を営業まわりしていたそうで寿町と言えば「絶対に足を踏み入れてはならない、ママの中では噂でしか聞いた事はないけどアンタッチャブルな恐ろしい町だという印象だったそうです。
映像を観ながらママは「あの町でこんなすごいイベントが毎年繰り広げられてるなんてねぇ、、、、」としきりに繰り返していました。
『寿町』という町を情報だけで知っていても実際に足を踏み入れた事の無い人がこの映像を観たらそう思うんだな〜と新鮮な感想に何だか納得させられました。

この作品は一応寿[kotobuki]とアツシさんのモノって事になっていますが、まず『ここでフリーコンサートをやり続けよう』と思った人達の想いがなければ、フリーコンサートもこのライブ映像もなかったんだよね、と思うと、『奇跡』を起こした人はその人達だよね〜と思います。
そのお陰で毎年楽しませて頂き成長させてもらったわけですから、本当に感謝です。

posted by ナビィ at 00:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

『奇跡の詩』という名前

DVDの『奇跡の詩』という名前は、寿[kotobuki]の曲名をいただきました。
2012.jpg
なかなかいいタイトルだなと思っていますが、発売してブログを立ち上げた時に困ったことが……。

同名のタイトルだったり似たようなタイトルの映画があるんですね。

なので、当初は『奇跡の詩』と入力して検索しても、なかなかこのブログが登場しませんでした。

「毎日更新する!」と目標を決めて、いろいろ工夫した結果、検索した時に上位に来るようになりました。

とはいえ、更新が途絶えたりすると順位が下がってしまいそうです。

というわけで、応援してくださる方が、あちこちに『奇跡の詩』について書いてくださって、このブログのURLを貼っていただけるとありがたいです〜。
 
posted by あつこば at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

Twitterでの『奇跡の詩』の感想

Twitterで『奇跡の詩』の感想を書いてくださった方がいたので、本人の了解を得て転載させていただきます。

https://twitter.com/Radio_Ethiopia2/status/369657738332086272
寿町を追った記録映像というものが存在しないせいもあり、あのDVDは、寿を通しての寿町、寿町を通しての寿のような不思議な記録ですね。音楽性の変化も成長も見る事が出来るし、集まった人達も、その他大勢ではなく一人の人間として映し出されていて貴重な記録映像です。

音楽関係以外では、寿町を舞台にしたドキュメンタリーやテレビ番組はありましたが、音楽もので「寿町フリーコンサート」だけでつくられた作品は、たぶんいままでに公開されているものとしては無いですね。

「寿町フリーコンサート」の映像も含まれている映像作品としては、
JAGATARAの『この〜!!(もうがまんできない)』、
『ウタノゲンバ/シーサーズ活動の記録 1997〜2003』
などがあります。

ご指摘のように、『奇跡の詩』は18年間の「定点観測」のような側面もありますので、寿町フリーコンサートに集まっている人たちが年々変わっていくのも感じることができます。

そして、「一人の人間として映し出されていて」と言ってくださったのが、とてもうれしいです。
もちろん、私は写っている一人ひとりの人の事は詳しく知りませんが、客席を中心に撮っているので、何度も繰り返して観ると、一人ひとりの表情がとても活き活きとしているのを感じ、一人ひとりの顔を覚えて街ですれ違ったら挨拶してしまいそうな感じになります(笑)。
2001年、寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート 
 
posted by あつこば at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

本日で発売1ヶ月!

8月12日に寿町フリーコンサートの会場でDVD『奇跡の詩』を発売開始してから、本日で1ヶ月です。

毎日のようにブログに書いていると、1ヶ月って結構長かったような気もします。
でも、まだまだ書いていないネタはたくさんあるので、しばらくは毎日続けます。

おかげさまで、『奇跡の詩』は、いまのところ順調に売れています。
この順調な売上げを維持できれば、いずれは制作費のもとが取れるのですが、まだまだ足りませ〜ん。

まだ、ご購入されていない方は、ぜひ〜。
『奇跡の詩』、ジャケット

posted by あつこば at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

昨日のラジオ

同じ寿町夏祭りフリーコンサート仲間の金尾よしろう先輩のラジオ番組に出演した来ました。
その模様をyoutubeで公開してま〜す。

かわさきFM【金尾よしろうの音楽魂!】木曜日/14:1514:45
9月5日☆ゲスト【寿「KOTOBUKI」ナビィ/ナ−グシクヨシミツ】
!!映像UP完了!!
世界中で活躍しているお二人。LIVEに対する想い、そして寿町への想いをお話頂きました。8月12日からは寿町でのLIVEをまとめたDVD「奇跡の詩」も発売!お二人のLIVEパフォーマンスをお楽しみ下さい!
http://www.youtube.com/user/kanaoyoshirou
金尾よしろう portal siteからご覧になれます。
【歌のタイムライン】
スタートより、
04分27秒08分13秒...花
15分12秒18分01秒...もう愛しかない
21分23秒25分15秒...北飛行

お聴き逃されたファンの皆様、もう一度聴きたいファンの
方に映像でお届けします!
観えるFMでお楽しみ下さい!

1曲目の冒頭で、自分がヘッドフォンをしていない事に気が付き「ちゃんとモニター出来るかな?」と焦り狼狽して声が震えてます。
人間小さっ!!!!
posted by ナビィ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アリラン」

寿町は、在日韓国人・在日朝鮮人の人たちもたくさん住んでいる街です。
そんなこともあり、寿[kotobuki]はレパートリーに朝鮮民謡の「アリラン」を取り上げています。

『奇跡の詩』をつくるために、寿[kotobuki]が寿町フリーコンサートの出演した各年の演奏曲リストをまとめそれぞれを聴き比べたのですが、「アリラン」は最初に演奏して以来、アレンジが工夫されていっていくのがわかり、なかなか興味深かったです。

DVDに収録したのは、現在のアレンジがほぼできあがった2007年のライヴと、ブラスセクションを加えた2011年のライヴ。
2007年、寿[kotobuki]「アリラン」
寿[kotobuki]の二人は「アリランをこんなアレンジで演奏して怒られないだろうか?」と思ったりしていたそうですが、たしかに物議を醸しだしそうな(笑)抜群のアレンジです。
 
posted by あつこば at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

『奇跡の詩』facebookページができました〜!

facebookでも『奇跡の詩』のページができました!
https://www.facebook.com/kisekinouta

facebookに参加していない方でも見ることができますよ。
この『奇跡の詩』ブログともども、よろしくお願いいたします〜。 
 
posted by あつこば at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

『奇跡の詩』を観てくれた友人の感想

『奇跡の詩』を観てくれた私の友人の感想を紹介します。
facebookに書いてくれたものですが、本人の了解を得て、一部、掲載させていただきます。

知り合いや友人が画面に映り、「若いねえ」「懐かしいねえ」などと言いながら、そして「自分もこの現場にいたんだなあ」「この頃は何をしてたっけ?」と物思いに耽りながら観させてもらった。
一見してまず、会場で歌い踊る人たちを映すシーンの多さに驚く。
ステージのシーンと同じくらいの割合じゃないだろうか。
この思い切った編集方針により、「寿町フリーコンサート」という特別な「祭り」の雰囲気がとても良く伝わってくる。
こんなライブビデオはなかなかない。


2008年「我ったーネット」
さまざまな映画や音楽DVDを観慣れている友人なだけに、なかなか的確な指摘でした。
たしかにお客さんが写っているシーンは多いです。そもそも撮影の時点で客席ばっかり撮ってます(笑)。

寿町フリーコンサートでもっとも面白いのは「観客」です。ミュージシャンだけ撮っているのだと(それでもあの独特の場所で演奏する側のやる気は表れてくると思いますが)、他のどこかでやっているコンサートの映像と似たようなものになってしまいます。

そういうことで、寿町フリーコンサートに一度でも行ったことがある人は、ぜひ、自分が写っていないかどうか、ご確認ください(笑)。

そして、DVD『奇跡の詩』は、ミュージシャン、寿[kotobuki]のライヴDVDなのはもちろんですが、寿町フリーコンサートというものが、どういうものなのかがわかるように作られています。寿町フリーコンサートに行ったことがない人も、ぜひ、一度、観てみてください。
 
posted by あつこば at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

昨日は打ち上げ

皆様、もう9月です。
ワタクシ、半年のバリ修行から帰国してもうすぐひと月、、、、、
今回の留学で半年無職、収入0円のくせに湯水のように自分にお金をつぎ込みましてワタクシ、只今財政難。
お仕事下さいませ〜

さて、昨日は寿町で上映会&リリースの一大イベントも終了して4人でまったり打ち上げました。
アツコバさんの事務所で。
20130901_125028.jpg
ヤロー3人、なんだか楽しそうです。


私の父が漬けた”親父の梅酒”ほか、アルコール類も充実していましたが、食いしん坊Nくんに買い出しをお願いしたら、正気?と問いただしたくなるほどの買い込みぶり。
テーブルに乗り切らないお皿は手で持つしかないわけで、どうやって食べるのか謎なわけで、、、
20130901_125010.jpg

ここでは今後の販売方針、寿町での冬のお楽しみコンサートについてなど話しをしたのですがメインの話よりも脱線話が長い、長い。
だいぶ、目的地から遠い所まで行っては戻り、戻ったか思うとまた脱線。
気が付けば、終電間近の12時50分。
ひ〜〜〜〜〜っ
アツコバさんの事務所を片付けもせず、喰い散らかしもそのままに逃げる様に帰って来ました。
ドーモ スイヤセン!!
posted by ナビィ at 13:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 『奇跡の詩』について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする