2013年10月28日

収録曲の決定

DVD『奇跡の詩』に収録する曲を決めるため、私の仕事場に寿[kotobuki]の二人とアシスタントプロデューサーの小林直樹君に来てもらい、4人で議論しました。

「この年のこの曲は、もう入れるしかない!」という具合に全員の意見が最初から一致していた曲もありますが、それぞれの曲に対して各自の想いがあるので意見が一致しない時もあります。DVDの収録時間も考慮すると、なおさら難しいです。

著作権等の関係で「涙を飲んでカット」という曲もありましたし、誰かが「入れなくていいんじゃないの?」と言っても誰かが断固として「入れるべきだ」と主張する曲もありました。

一度のミーティングでは決まらずに、何度か仮編集をつくって見ながら、議論を重ねました。

1998年「がじゅまるの木の下で

結果的にはさまざまな意見を尊重した結果、DVDの収録曲はどんどん増え(笑)、特に1998年と2001年の収録曲が増えました。
なかなか納得のいく選曲になったと思います。……と思っているのは自分だけだったりして(笑)。
 
posted by あつこば at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。