2013年10月10日

きのうはナーグシク・ヨシミツほか、ライヴ

きのうは中野にある「a m a n」というお店でのライヴがあり、とっても『奇跡の詩』に関係の深い人たちが出演しました。

まず最初に、『奇跡の詩』のアシスタントプロデューサーをしてくれた小林直樹君と、「ことぶき学童保育」で『奇跡の詩』収録曲の2010年〜2012年の録音をしてくれた石井淳一さんのライヴ。

続いて「ゆんたく高江」の浦野薫さんによる、ケチュア語の歌を中心にしたアンデス地方の弦楽器チャランゴでの弾き語りと、ボリビアの話。(「生まれて初めてのソロ・ライブ」だったそうです!)

最後はナーグシク・ヨシミツさんのギター&三線の弾き語り。

こういうメンバーなので、終了後の「ゆんたく」もとても盛り上がり、夜中の2時近くまで飲んでしました。
眠い〜。
 
posted by あつこば at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。