2013年09月23日

熟成とブレンド

何年か前に撮った映像が、月日が経つうちにその意味が増してくることがあります。

撮っている時には、この映像がのちにどれぐらい意味を持つかというのは、なかなか想像するのが難しいです。何年か経って、あの時のあの映像は二度と撮れない貴重なものだった、と感じるものです。
http://www.youtube.com/watch?v=nD_csiKOgEo


ウイスキーは「熟成」し「ブレンド」してつくられるお酒ですが、「シングルモルト」というひとつの蒸溜所だけでつくられたウイスキーがあります。実は「シングルモルト」はひとつの樽の原酒だけでできているのではなく、同じ蒸溜所でつくられた複数の原酒をブレンドしてつくられています。
膨大な量の原酒のなかから、何年物のこの樽の原酒と、何年物のこの樽の原酒……ブレンダーはこれらをブレンドして、理想とする香りと味にウイスキーを仕上げていくのです。

ウイスキーのブレンダーをしている方の話を聞く機会があったのですが、必ずしも古い原酒だけを使えば良いというわけではなく、若い原酒もバランス良くブレンドすることによって、理想としている香りと味をつくりだせることもあるそうです。

『奇蹟の詩』は、熟成を重ねた原酒と、新しいスピリットがつまった原酒をブレンドして、寿[kotobuki]というミュージシャンの寿町フリーコンサートという場の演奏だけでつくられた、シングルモルト・ウイスキーのような作品です。
 
posted by あつこば at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375585675

この記事へのトラックバック