2013年07月31日

「寿町フリーコンサート」とは?

小林アツシ(あつこば)です。

DVD『奇跡の詩』は、寿町フリーコンサートでの寿[kotobuki]の演奏シーンを集大成したものです。
ここで寿町フリーコンサートについて触れておきましょう。
(あくまで私個人の文章ですので見解が違う方もいるかもしれません。)

寿町フリーコンサートは1979年に始まり、いまでは毎年、お盆の夏まつりの一環として行われています。
「寿町」という街は、全国各地にありますので、正確に表記する時は「横浜寿町フリーコンサート」または「ヨコハマ寿町フリーコンサート」と書かれます。通称としては「寿町フリーコンサート」と呼ばれることが多いですが、街のなかではさらに短く「コンサート」「フリーコンサート」と呼ばれることが多いです。

「寿町」という呼び方は、横浜市中区にある寿町・松影町・扇町の一部を示しています。
「寄せ場」あるいは「ドヤ街」と呼ばれ日雇労働者の町とされていましたが、現在では生活保護を受けて暮らしている人が多い街です。

そのなかで、毎年、無料のコンサートが行われていて、寿[kotobuki]は1995年以来、ほぼ毎年、出演しています。寿町に住んでいる人も、外から来た人も、一緒になって楽しめるフリーコンサートです。
2013年は8月12日(月)に行われます。【追記:2014年は8月14日(木)です。】
「寿町フリーコンサート」のWebサイト
http://kotobukifree.web.fc2.com/

寿[kotobuki]「我ったーネット」2008年寿町フリーコンサート

寿町フリーコンサートに出演するミュージシャンは、ノーギャラで出演しています。会場内からカンパを集めて、コンサートの経費の一部を引いた金額を出演バンドの数で割って配っています。
なぜ、ノーギャラでも出演したいのか、この街でコンサートが行われているというのはどんなことなのか、寿[kotobuki]の二人はどんな気持ちでこのコンサートに出演しているのか……、その答えは、DVD『奇跡の詩』に特典映像として収録されているインタビューで、解き明かされます。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370718623

この記事へのトラックバック